お葬式

広島での改葬は受け入れ先となる霊園について詳細な説明を受けてから

灯篭

それまで暮らしてきた場所から遠く離れた場所に引っ越しをしたり、体調があまり思わしくないといった場合、距離的な問題や体調面の問題から自分の意思に反してなかなかお墓参りをすることができなくなってしまうことがあります。誰もお参りをしてくれないお墓というものはあっという間に雑草が茂ってしまいますし、何よりよりもそこで眠っておられる方が寂しがることでしょう。さまざまな事情からなかなか思うようにお墓参りをしてあげることができないというお悩みを持たれている方は少なくはないはずですが、そのような方々のお悩みを解消する手段としては広島で改葬をしてお墓の引っ越しをする方法があります。改葬によって霊園に眠っておられる方々のご遺灰を取り出したのちに、ほかの霊園に埋葬をし直すことでお墓を守っておられる方がよりお墓参りしやすい環境にすることができるからです。ただし、広島で改葬をするにあたってはご遺灰を埋葬し直す霊園側の受け入れ態勢については事前に要チェックとなります。霊園によっては宗教や宗派が限定されており、改葬を受け入れてもらうためには改宗や入信が求められることもあるからです。よりお墓参りにしやすい環境にするためやそのほかの理由から改葬をするにあたっては広島の業者に相談をして、受け入れ先となる霊園の提示している条件等について詳細な説明を受けるようにしましょう。

改葬で悩んだ時には広島の業者に依頼!どんな人におすすめ?

お墓を建てたものの家から遠く車でもかなりかかるところにあるので通いにくい…そんなことはありませんか?お盆の時期に、車で遠方にお墓参りに行くと道が混むのでお墓まいりに行くのも一苦労。
そういった方には広島の業者での改葬をおすすめします。
そもそも改葬とはどういったものかと言いますと、既に埋葬された遺骨やお墓を別の場所に移す言わば、お墓のお引越しの事を指します。
また改葬にも種類があり遺骨のみを移動するというパターンと遺骨とお墓をまとめて移動するという二つのパターンに分かれています。
注意しなければならないのは、いくら自分の家で埋葬していたとしても、勝手に遺骨を持ち出すことは法律で禁じられているため、改葬する場合には改葬業者に所定の手続きを行わなければなりません。
広島の改葬業者なら改葬に関する知識がない場合でも希望した条件で改葬を行うことができます。
また改葬するときにかかってしまいがちな離檀料の交渉も全て広島の改葬業者が代行してくれるので、おすすめです。
お墓までなかなか通えない方、お墓を管理くれる人がおらず自分でお墓の管理を行いたいと思っている方は広島の改葬業者に一度ご相談してみてはいかがでしょうか?

広島で初めてお墓を建てる際の霊園の選び方と改葬について

広島で初めてお墓を建てる事になった。でも、霊園の選び方がわからない。そのような悩みを抱えた方は少なからずいらっしゃると思います。
霊園はいわば亡くなった方のお住まい、後悔しないためにもしっかりと選びたいところです。
まず、霊園選びで大切なのは立地です。自宅から遠くはないか、家族が通うことができるか、公共交通機関でも行くことができるか、車の場合駐車場が完備されているかなどです。その次に大切になってくるのが予算、管理料や永代供養料はいくらなのか、お墓を建てる場合土地代はいくらになるかなどをしっかり検討する必要があります。広島では霊園が多くその選択肢が多いです。
忘れてはならないのが宗派の問題です。最近の広島の霊園は宗派を気にしない無宗派の霊園も数多く存在しています。しかしながら、各家庭によっては代々真言宗や天台宗、浄土真宗などを信仰しており、霊園もその宗派にあったものを選びたいと思っている方もいらっしゃると思います。そのような場合は、お寺が管理運営している霊園を選択することをおすすめします。
最後に改葬(お墓のお引っ越し)についての注意点を挙げておきます。改葬をする際はまず、新たに購入した霊園の管理者から受入証明書、もともとあったお墓の管理者から埋葬証明書や納骨証明書を発行してもらってください。そして、墓地のある市区町村に改葬の申請を行います。正規の手続きを行わないと改葬できない場合がありますので注意してください。


広島でお墓の引っ越しや改葬を検討されている方は、広島の改葬で有名な「大空石材メモリアルパーク」をご利用になってみてはいかがでしょうか。

コンテンツ

更新記事